« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

今年もありがとうございました。

いよいよ、年の瀬ですね~。。。

朝霧整体院リラクゼーションルームの営業は今日が

最終日となりました。

整体は明日もやってます。

本日は申し訳ございませんが、リラクゼーションルームは

今のところご予約が詰まっておりまして、年明けは1月5日(火)

からの営業となります。

明日から、お休みをいただくわけですが、家の大掃除を

全くしておりませんので、のんびりもしていられません・・・。

でも、久しぶりの連休なので、楽しみたいと思います!

今年も一年間ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎え下さいませ(◎´∀`)ノ

|

親知らずものがたり

今年のうちに、どうしてもやっておかなくてはならないこと・・・。

それは、左上にある、でっかい虫歯になっている親知らずを

抜くこと・・・。(しょうもない?)

去年の暮れに虫歯と思って、歯医者さんに行ったら、

「虫歯っていうか、親知らずやね。いつ抜く?」みたいな

感じで歯医者さんに言われ、一応、言われるがままに、

予約を入れたのですが、そちらの歯医者さん・・・。

ここで親知らずを抜く(←私にとっては一大事ですねん!)のは

ちょっとな・・・と色々思うところがありまして、キャンセルさせて

いただいたのでした。

それから半年後、「やっぱり痛い~」ということで別の歯医者さんに

行くと、なんと親知らずが半年の間に虫歯になっていたのでした・・・。

その歯医者さんのHPに、「歯はなるべく抜かないのが信条」みたいな

ことが書いてあったので、きっと抜かずにどうにかしてくれるはず!と

期待していたのですが、先生から「置いといてもしゃあないし

抜きましょか」と衝撃の一言が。

あ~あ、やっぱり抜かなあかんのね、ということで、結局抜くこと

になったのです。

が、往生際の悪いわたしは、しばらく都合悪くて歯医者に通えなく

なったのもあり、そして、歯の痛みが一時的に治まったこともあり、

ちょこっと放置していたのでした。

親知らず、抜くのってめっちゃ怖くないですか?

学生時代、バイト先の同僚が親知らず抜いた後に出勤してきまして、

痛みに耐えきれず、20歳ぐらいの男の子でしたが、涙ぐみながら

顔を腫らして早退していったのでした。

その様がわたしにはかなり衝撃的で、「親知らず抜くのって、大変なのね」

とトラウマ?というか、抜きたくない、絶対に、と強く思ったのでした。

でも、虫歯になってしまってるからね・・・。

先生のおっしゃるとおり、置いといても仕方ないのね、

そして、もう、この親知らず、今年のうちにすっきりさせたい!

と思い、先日、ドキドキしながら歯医者に行ってきました。

ほんなら!

治療、10分ぐらいで終わりました。。。

しかも、全然、痛くなかった!!

言われたとおり~に麻酔が切れる前に痛み止めも飲んで、

抜歯後も全然大丈夫でした。

明石に名医がおりましたよ~!

ちなみに、抜いた歯、なんとなく、いただいて帰りました。

本当にでっかい虫歯ができてました。

帰ってから、嬉しがって(?)主人に見せると、「ああもう、

気持ち悪い!捨てて!」と邪険にされましたが、なんとなく

捨てるのも・・・と思い、置いております。

は~、やれやれ、これで健康に年が越せそうです。

|

みかんパワー

一ヶ月程前、風邪をひきまして、なかなか治らなかったのですが、

その旨を実家の母親に話すと

「あんた~、おみかん食べなさい、おみかん」と。。。

そうそう、おみかんね、ビタミンとらないとダメですね。

今、まさに旬やしね、ということで毎日2,3個食べてます。

美味しいですね~、みかんって!

今まであまり食べる習慣がなかったのですが、

今では食べないと気持ち悪い?一日一個とかだと物足りない体に

なってしまいました。

また、食べ初めてから一週間ぐらい、体調がすごく良かった!

快便だし、そのおかげかお肌の調子もよろしい!

何人かのお客さまにも「お肌キレイですね」と言われたりしまして

ウハウハ♪

ええわ~、みかんって、最高やわ~と思ってると、またもや母から

次の提案が。

「あんた~、おみかんの皮、干してお風呂に入れたら、なんか

肌もしっとりして、リラックスできるで~」

ああ、そうそう、そんなん、昔、よく実家でしてました。

みかん湯ね、温まるし保湿もできるって昔からいいますもんね。

というわけで、早速、皮をカピカピに干してお風呂にポチャ~ン。

ああ、いい匂い・・・。

お湯もなんだか柔らかく感じるし、こりゃいいわ♪

今年の冬はおみかんで乗り切れそうです。

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »